「幸いです」の意味とは?使い方や「幸甚」との違い、類語、英語表現を解説!

「幸いです」は「やってくれたら嬉しい」の丁寧表現

お返事くれたら嬉しいです。…と。取引先へのメールはこれでよし!

小学生のラブレターみたいになってるんだけど!

お返事くれたら嬉しいです。

⇒お返事いただけると幸いです

このように変えるだけでビジネスメールっぽくなりますよね。

「幸い(さいわい)です」は「やってくれたら嬉しい」という意味。ビジネスシーンでよく目にする便利な表現です。

「幸いです」は、連絡や返信などをお願いする際によく使われます。話し言葉よりも、メール等の書き言葉で目にすることが多いのではないでしょうか。

今回は「幸いです」の使い方、同じように使われる「幸甚」との違い、類語、英語表現を詳しく解説していきます。

「幸いです」の使い方・例文

「幸いです」が使われるのはよくこんなシーンです。

「幸いです」がよく使われるシーン

・連絡や確認等のお願いをするとき

・質問をするとき

・贈り物をするとき

シーンを踏まえながら「幸いです」を使った例文を見てみましょう。

例文

・資料に目を通していただけると幸いです

・詳しいデータをご教示いただけると幸いに存じます

・新商品を同封いたしました。ご活用いただければ幸いです

ちょっとしたお願いや贈り物をする際にへりくだっていう表現であることがわかります。このようなシーンはビジネスでよくあるので覚えておくといいでしょう。

「幸いに存じます」は、より丁寧な表現です。

「幸いです」を使う際の注意点

「幸いです」は便利な表現ですが、使う際にはいくつか注意が必要です。

「幸いです」は目上の人には使えない?

「幸いです」は丁寧な表現であり、目上の人やお客さんに使用しても問題はありません。しかしながら、敬意の度合いが弱いと考える人もいるようです。

気になるのであれば、「幸いに存じます」を使用しましょう。また、後述する「幸甚(こうじん)です」も敬意の度合いを高めた表現として有効です。

一方で、身近な間柄の人に使うとよそよそしさが感じられる表現でもあります。また、会話の中で使っても堅苦しい感じがしますよね。印象を和らげたい場合は、シーンに合わせて「お願いします」や「嬉しいです」と言い換えるといいでしょう。

「幸いです」をもっとやわらかな表現で

・メールの返信をお願いします。

・手伝ってもらえたら助かります。

・喜んでいただけたら嬉しいです。

「幸いです」は急ぎの要件には使えない?

「幸いです」には「可能だったらしてください」というニュアンスがあります。そのため、絶対にしてほしいことや緊急性のあることに対して使うと、こちらの意図が正しく伝わらない場合があります。

なになに…「ご確認いただけたら幸いです」か、まあ時間のあるときに見ておくか

すぐにチェックしてほしいのに連絡がこない…!

重要なお願いや緊急性のあることに対して「幸いです」を使ったとしても間違いではありませんが、このようなことになる可能性があるので注意。

重要性を伝えるためには、「○月○日までに返信をお願いします」「〇の箇所に不備がないかチェックをお願いします」といった直接的な表現をした方がベター。

敬意が足りないかなと感じる場合は、「お忙しいところ恐れ入りますが」「誠に勝手ではございますが」など補足の文を頭につけると失礼にはならないでしょう。

「幸いです」と「幸甚」の違いは?

「幸いです」の敬意を強めた言葉に「幸甚(こうじん)」があります。

幸甚です

幸甚に存じます

幸甚の至り

「幸いです」では敬意が足りないかなと感じる際に使用するといいでしょう。「幸甚の至り」はさらに意味合いを強めた表現です。

「幸いです」と同じシチュエーションで使用することができますが、「幸甚です」はさらにお礼をいうときにも使えます。

お礼をいうときの「幸甚です」

・ご教示いただけて幸甚に存じます。

・このような場にご招待いただき幸甚の至りに存じます。

「幸いです」は話し言葉で使っても伝わりますが、「幸甚です」は音だけでは伝わらないかもしれません。また、「幸いです」よりもさらに硬い表現なので、文書やEメールでのみ使うのが無難です。

「幸いです」の類語

「幸いです」と同じように使える「幸甚」を紹介しました。また、前述した「嬉しいです」や「助かります」に言い換えることができます。シチュエーションによって使い分けましょう

「幸いです」の英語表現

英語では日本語のように上下関係をはっきり表すような文章表現はあまりしません。とはいえ、丁寧な表現はあるのでそちらを紹介します。

「would you ~」「could you ~」はどちらもお願いする際に使える表現。「would you ~」の方がより丁寧な表現です。

「would you ~」「could you ~」を使った英語例文

・Would you be able to tell me details?

⇒詳細を教えていただけたら幸いです

・Could you check it again?

⇒再度確認していただけると幸いです

「幸いです」を正しく使いこなそう

便利な言葉なので、頻繁に「幸いです」を使っている人も多いはず。使い方を身につけて、よりスマートに使いこなしていきましょう。「幸いです」を正しく使えてこそ一流のビジネスパーソンです。