「光栄です」の意味とは?「光栄」の詳しい使い方や注意点、類語、英語表現を解説!

「光栄です」とは「嬉しく名誉に思います」という意味

Aさんのチームで働けるなんて光栄です!

頼りにしてるよ~

そういえば、宝くじにも当たったんですよ、光栄なこと続きだなぁ

「光栄」の使い方誤解してない?

光栄です。

光栄に思います。

光栄に存じます。

「光栄です」「光栄に思います」というように「光栄(こうえい)」はビジネスシーンでよく見聞きする言葉ですよね。

「光栄です」には「嬉しく名誉に思います」という意味があります。目上の人に褒められた際や名誉な出来事に対して口にするフレーズ。

今回はビジネスシーンで欠かせない「光栄です」の使い方や注意点、類語、英語表現などを詳しく見ていきましょう。

「光栄」の使い方

「光栄です」は以下のようなときに使用します。

例文

・取引先の人や上司に褒められたとき

・著名人や権威のある人に会ったとき

・創立記念式典や表彰式など祝いの席での挨拶

「褒めていただいて嬉しいです」というよりも、「お褒めの言葉をいただき光栄に思います」といったほうがフォーマルな印象を受けます。

「光栄」を使う際の注意点

「光栄です」には名誉なことを喜ぶ「嬉しい」気持ちが含まれていますが、「嬉しい」「ラッキー♪」という感情だけで「光栄です」を使うのは間違っています。「名誉」「栄誉」に思う気持ちが不可欠です。

例えば、以下のような場合に「光栄」を使うのは間違いです。

間違った使い方

・正月休みにハワイ旅行に行けて光栄に思います。

・キャンペーン中に安く買えたのは光栄です。

ただし、「ハワイ」に思い入れがあったり、会話の相手がハワイにゆかりのある人物だったりする場合は、間違いではありません。

「光栄」の類語

「光栄」の類語

・名誉

・栄誉

・栄光

・誇り

など

「光栄に思います」を「名誉に思います」「栄誉に思います」と言い換えても、違和感なく使えるでしょう。

「光栄」を使った表現

「光栄」を使ったフレーズには以下のようなものもあります。

光栄至極(こうえいしごく)

光栄の至り

どちらも「光栄」がMaxの状態であることを意味しています。「光栄」単体でもフォーマルな言葉ですが、これらはさらにフォーマル度合いが高い表現です。表彰式等での挨拶の言葉として使うといいかもしれません。

「光栄」の英語表現

英語では「I’m honored~」を使って「光栄」を表現することができます。

I’m honored to hear that.

⇒そのようにいっていただけて光栄です。

「I’m」を「I am」にしたり、「really(本当に)」を入れたりすることで意味合いを強めることができます。

便利だけど使い過ぎないように

「光栄」はとっても便利な言葉ですよね。とりあえず褒められたら「光栄です」といっておけば、様になります。とはいえ、あまり乱発しすぎるとありがたみがなくなってしまうかも。

「光栄」はここぞというときに使って、ビジネスパーソンとしての株をあげましょう。