「ご確認ください」とは?上司に対する敬語として正しい?例文や返信の仕方・類語(言い換え)・英語表現を解説

「ご確認ください」は上司に対して使える敬語として正しい!

「ご確認ください」は正しい敬語であるため、上司に対しても使用可能です。

普段何気なく使用している人も多い「ご確認ください」ですが、敬語を表す「ご」が接頭語として「確認」の前に加えられ、許可を求める丁寧語「ください」によって成り立っています。そのため、相手に確認の許可をもらう丁寧な表現として使用でき、上司に対しても失礼にあたらないフレーズとなっています。

そのほか、尊敬語の「なさってください」や謙譲語の「よろしくお願いいたします」など別の敬語表現が使われます。

「ご確認ください」類語(言い換え表現)
・お目通しください。
・ご覧ください。

「ご確認ください」の意味

「ご確認ください」は、書類や物などを「確かめてもらう」「認めてもらう」ための許可を相手にお願いする表現です。依頼をする際、「確認してください」を使う人もいるかと思いますが、こちらは不適切な表現で、上から目線の命令と受け取られる恐れもあります。

相手に不快感を与えないよう依頼する場合は「ご確認ください」がベターです。

「ご確認ください」の使い方

「ご確認ください」は主に書類の確認や取引、手続きなど、上司や顧客、クライアントを相手にするビジネスシーンで使う機会の多い言葉です。契約内容の確認や見積もり、説明書の熟読、認印などの確認が必要な書類や物事に目を通してもらいたい時に使います

相手との関係性や立場によっては適切ではない場合もあるので、ケースバイケースで表現を変えていく必要があります。

「ご確認ください」を使用した例文

ビジネスシーンでは、主に上司やクライアントに書類を見てもらう時などに使われます。

「書類をご確認ください。」

目を通してもらう時の言葉として基本的な使い方ですが、より丁寧に謙譲語を用いた「お願いいたします」や「申し上げます」など相手に合せて言い換えるのも効果的です。

言い換え表現の一例

「ご確認くださいますよう、お願いいたします。」
「ご確認のほど、よろしくお願い申し上げます。」

会話やビジネスメールで使える「ご確認くださいませ」の例文

「こちらの書類をご確認くださいませ。」

書類を確認してもらうようにお願いする言葉ですが、「ご確認ください」の後の「ませ」は一般的には女性語に分類される言葉です。

女性語とは・・・?
女性語とは女性特有の特徴や言い回しを表現した言葉です。一人称の「あたし」や語尾につける「~かしら」などに対し、「俺」や「僕」などの言葉が男性語になります。

敬語としては間違ってはいませんが、男性の場合、ビジネスシーンでの使用はできれば避けた方が無難です。

「ご確認くださいますよう」を使用した例文

「こちらの書類をご確認くださいますよう、よろしくお願いいたします。」

「くださいますよう」の「よう」は、「書類」の確認を求める願望や依頼の意味合いを持っています。相手にお願いをする言葉である「ください」と「よう」を足したとても丁寧な表現方法です。

「ご確認ください」と言われた場合の返信の仕方

相手から確認をお願いされたことに対する返信ですので、確認したことを伝えればOKです。「確認しました」でも問題ありませんが、上司やクライアントなど目上の人にはより丁寧に失礼のない返信をするのが良いでしょう。

「ご確認ください」に対する返信の一例
・確認いたしました。
・確認させていただきました。
・拝見いたしました。
・拝受しました。

「拝見」「拝受」とは、「見る」ことをへりくだって言う言葉です。確認に対して、拝見・拝受が敬語なので「させていただきました」を使うと二重敬語になってしまうので気をつけましょう。

「ご確認ください」の類語(言い換え表現)

「確認」と同じ「見る」「認める」という意味を持つ別の言葉も日常会話やビジネスシーンで使われています。例えば、内容に目を通す「お目通しください」などの様々な言い換え表現があります。ここでは「ご確認ください」の類語として使われやすい主な表現をご紹介します。

お目通しください

「こちらの書類にお目通しください。」

目を通す=見る・確認という意味です。文字通り相手に確認してもらう時の表現です。「ご確認ください」と同じように「お目通しいただきますよう、お願い申し上げます」と敬語を使った表現方法も可能です。

ご参照ください

「詳しくはこちらの資料をご参照ください。」

「照らし合わせて見てください」という意味の「参照」に「ご」をつけた丁寧な表現です。資料や説明書の内容確認をしてもらいたい時に使います。同じ意味で「ご参考ください。」という言い換え表現もあります。

ご覧ください

「手元の資料をご覧ください。」
「あちらの方をご覧ください。」

「ご覧ください」は目上の上司など自分より格上の相手を敬って伝える言葉になります。さらに丁寧にする場合は「ご覧いただきたく存じます。」という表現方法もあります。

目上の人への言葉で「ご高覧」「ご賢覧」という別の表現もあるので、相手に合せて使い分けていきましょう。

「ご確認ください」の英語表現

「ご確認ください」を英語で表現すると

Please check.

となります。

例文はこちらです!

・Please check the documents.
⇒「書類をご確認ください。」
・I am kindly asking you to check.
⇒「ご確認くださいますよう、お願いいたします。」
・Please check these documents.
⇒「こちらの書類をご確認くださいませ。」
・I am humbly asking you to check the documents.
⇒「こちらの書類をご確認くださいますよう、よろしくお願いいたします。」

ビジネスシーンでの使用頻度が高い「ご確認ください」をマスターしよう!

業務内容を確認する機会が多いビジネスシーンでは「ご確認ください」の使用頻度は高いといえます。似た意味を持つ「ご参照ください」や「ご覧ください」を使い分け、シチュエーションに合わせた確認・依頼の言葉をマスターしましょう!