「希有」「稀有」とは?読み方や意味・類語・英語表現をまとめて解説!

「希有」「稀有」とは「めずらしい」ってこと!

新人

営業の○○さんって、すごく「きゆう」な人だと思うんですよ~。
う~ん。間違ってはいないけど…それをいうなら「希有・稀有」は「けう」じゃないかな?

上司

新人

え…!そんな読み方するんですか!?

「希有」「稀有」とは、「めずらしい」や「めったにない」という意味合いの言葉です。

ニュースや本で見聞きすることが多いですが、しばしば、ビジネスシーンでも使われます。常識として、読み方や意味を身につけると、会話の表現の幅が広がりますよ。

また、「希有」「稀有」には似た意味の言葉がいくつかあるため、混同せずに正しく使い分けられるようにしましょう。

「希有」「稀有」の類語(言い換え表現)
・まれ
・非凡

「希有」「稀有」の読み方・意味

「希有」「稀有」は、読み方や意味を間違えている人が多い言葉です。理解したつもりで、なんとなく使っていると、恥ずかしい思いをすることがあります。ここで、しっかりとマスターしておきましょう。

次から、「希有」「稀有」の読み方や意味をくわしく解説していきます

「希有」「稀有」の読み方・表記の違い

「希有」「稀有」の読み方は、基本的に「けう」です。「きう」と読み間違える人が多いため、注意しましょう。

ただし、「希有金属」と表記する場合は、「きゆう」と読むことがあります。「きゆう」は特殊な例なので、一般的には「けう」と読むと覚えておきましょう。

また、「希有」「稀有」はどちらの表記でも使用されますが、違いはあるのでしょうか。結論からいうと、「希有」と「稀有」は意味も使い方も同じです。

本来は、「稀有」と表記していましたが、「稀」は常用外漢字になります。「希有」の「希」は常用漢字で、一般的には多く使われています。どちらで表記しても問題ありません。

「希有」「稀有」の意味

「希有」「稀有」に使われている「稀」「希」という漢字は、訓読みで「まれ」と読みます。どちらも「めずらしい」という意味です。「ある」「存在する」という意味を持つ「有」を組み合わせて、「存在することがめずらしい」「めったにない」ことを表しています

「希有」「稀有」の使い方・例文

「希有」「稀有」は、「めったにない」「めずらしい」という意味で、ビジネスシーンで使われます。

名詞としては、「希有だ」「稀有である」と使われます。形容動詞では、「希有な」「稀有な」のように用いられる場合があります。

次からは、「希有」「稀有」の適切な使い方や例文をご紹介していきます。言い回しやシチュエーションをあわせてチェックしてみましょう。

「希有」「稀有」を使った例文

例文
「彼は稀有な才能の持ち主だ」
「彼女はこの組織内において、稀有な存在である」
「彼の経歴は非常に希有である」
「昔は黒電話が一般的に使われていたが、現在では希有なものとされている」

古語において「希有」「稀有」は、「とんでもないこと」や「不思議なこと」という意味がありました。しかし、現在では、「めったにない」という意味に加え、「貴重」「優れている」というニュアンスが含まれます。そのため、ほとんどの場合は、ポジティブな意味です

「希有な変わり者」や「希有な失敗例」のように、ネガティブな使い方は適切ではないため、注意しましょう。

上司

「希有」「稀有」の使用対象は人だけでなく、物や状態・事柄も含めることができるよ。

「希有」「稀有」は「杞憂」と混同しないように注意!

「希有」「稀有」は「きゆう」とも読めるため、同じ読み方をする「杞憂」と混同されてしまうケースがあります。

「杞憂」の意味は、「取り越し苦労」「心配しないでいいことを心配すること」です。「杞憂」の言い回しは、「杞憂に終わる」「杞憂に過ぎない」があります。

そのため、「稀有に終わる」「稀有に過ぎない」などは誤用となるので注意しましょう

新人

全く意味が違う言葉なので、混同してしまうと非常に恥ずかしいですね…!!

「希有」「稀有」の類語・同義語・言い換え表現

「希有」「稀有」の類語としては、「まれ」「非凡」などがあります。どちらも「めったにない」ことを表す言葉です。意味は似ていますが、ニュアンスが違うため、混同しないように使い方を覚えておきましょう。

まれ

「まれ」とは、「とても珍しいこと」を表す言葉です。「希有」「稀有」は「めったになく貴重」ですが、ポジティブな意味です。一方、「まれ」はよい意味でも悪い意味でも使うことができます

例文
「同日に再度製造ラインが停止するのは、まれなケースである」
「今回のようなトラブルは、まれであるため、対処法を身に付けておく必要がある」

いい意味で使うときは、「類まれ(たぐいまれ)」という表現がよいでしょう。

「類まれ」は、ほめ言葉として使われます。

非凡

「非凡」とは、「普通よりずっと優れている」ことを表す言葉です。「希有」「稀有」と比べると、「めずらしい」というニュアンスが少なくなります

例文
「彼は非凡な才能を秘めている」
「非凡な結果を出す人は、隠れて日々努力をしている」

上司

使いやすい言葉としては「レア」もあるね!

「希有」「稀有」の意味を正しく理解しよう!

「希有」「稀有」とは、「めずらしい」や「めったにない」という意味です。「貴重である」というニュアンスを含むため、よい意味で使われる場合がほとんどです。

単純に「めずらしい」というよりも、ビジネスにふさわしい表現となります。ぜひこの機会に、「希有」「稀有」の意味と使い方を覚えて、効果的に会話の中に盛り込んでみてくださいね!