「できかねます」とは?意味や漢字・「いたしかねます」などの言い換え・英語表現も解説!

「できかねます」は断りを表現する言葉

上司

明日までに資料をまとめないといけないんだが、誰か手の空いている者はいるかな?
あー・・・。僕、今の作業で手一杯です。申し訳ないですが、そちらまではできかねます。

部下

上司

そんなになるまで引き受けないで、無理なときは断ることも必要だぞー。

「できかねます」とは、お願いや依頼に対して丁寧に断りを入れる表現です。ビジネスシーンでは相手からの依頼を断る際、不快を与えないように表現にも気をつけないといけません。

断りを入れることに抵抗がある人も多いですが、時には無理なものは無理と「NO」の姿勢をみせることも必要です。ネガティブなイメージを与えず、語調を和らげるのに「できかねます」は効果的な言葉です。

ただし、あまり使いすぎても相手に失礼となる場合もあります。言い換え表現との使い分けで、断るときは相手にはっきりと伝えましょう。

できかねますの類語(言い換え表現)
・いたしかねます
・お役に立てません
・ご容赦ください
・ご遠慮いたします

「できかねます」の漢字・意味

口頭だと理解できてもメールや文章で表現するとき、漢字表記か平仮名表記かで悩んでしまう人もいるでしょう。ここでは、文章でお断りを入れる際の「できかねます」の漢字を意味とともにご紹介します。

「できかねます」の漢字は「出来かねます」?

「できかねます」は、漢字で書くと「出来かねます」となり、「でき」の部分だけを漢字にします。しかし、漢字で使うことよりも平仮名表記での使用が一般的です。

「かねる」には2つの意味があり、2つ以上の役割をもつ「兼ねる」との同音異義語です。「できかねる」の意味を履き違える人が多い理由に、「兼ねる」の意味を思い浮かべてしまい、「できる」と肯定的に捉えてしまうためです。

このように「かねます」部分を漢字にしない理由には、否定の意味をわかりやすく示す目的もあります。

「できかねます」の意味

「できかねます」の「かねます」の意味は”難しい”や”困難”です。つまり、“行うことが難しい”との意味合いをもつ表現になります

「できかねます」を使うときに気をつけるべき点は、”難しい=できないわけではない”と受け取られる恐れもあるため、否定すべきときにはハッキリとした言葉を使用するのがベターです。

上司

わかりやすくいうと「できかねます」は遠回しに否定している言葉になるわけだね。言葉を曖昧にしがちな日本人特有の言い回しともいえるね。

「できかねます」は敬語?ビジネスシーンで使える?

ビジネスシーンで「無理です」や「できません」との言葉は避けるべき表現です。距離の近しい相手ならまだしも、フォーマルな場ではそれに相応しい表現に言い換えるのがベター。では、「できかねます」はビジネスシーンでも使えるのか気になりますが、それはケースバイケースになります。

「できかねます」は敬語ではない

具体的に説明すると、「できかねます」の「かねます」は”できない”の”婉曲表現”です。婉曲表現とは、否定的な意味の言葉を角が立たないように、ほかの言葉に置き換える表現です。「かねます」は「ない」を丁寧語にしているにすぎず、敬語ではありません。

ビジネスシーンでは目上の上司やクライアント、顧客と大切な人たちとの対応が求められます。その際に重要となるのは、”敬意を示す尊敬語が使えている”かどうかです。「できかねます」は尊敬語ではないため、使用する相手によっては失礼と受け取られる恐れがあります。

ビジネスシーンでは、”敬意を表現した”別の言葉に言い換えて使い分けるのが無難です。

先輩

丁寧な言葉でも必ずしも正解ではないのね。距離感が遠い相手への使用は避けたほうがよさそうね。

「できかねます」の代わりに使える断りの言葉

ビジネスシーンでは「できかねます」の多用は避け、相手に敬意を示せる別の言葉を選んだほうが無難です。「できかねます」の代わりに使える断りの言葉をピックアップしました。

いたしかねます

「できかねます」の”でき”にあたる部分を謙譲語の「いたす/いたし」で表現した言葉です。「いたす(致す)」とは「する」の謙譲表現。相手を立てて自分を下にするへりくだる表現を用い、丁寧かつ柔和なお断りが可能です。ビジネスシーンでも幅広く使われています。

例文

先輩

ここのところずっと調子いいわね?なにかあったの?
そうなんですよ!最近妙に冴えちゃって。だから先輩ももっと僕に敬意を払ってくれていいんですよ?

後輩

先輩

それは承諾いたしかねます。

お役に立てません

「できない」を「役に立てない」と言い換えて丁寧に表現した言葉です。「できません」よりも”相手に対しての否定が薄く”、むしろ自分の力不足によるものと”自分を下げている表現”です。一種の謙遜表現としてビジネスシーンでも使えます。同じ意味で「お力になれません」との使い分けも可能です。

例文

上司

今日はやることが多いから、時間があるなら少し手伝ってくれないかな?
あ、えーっと…。僕ではまだまだ力不足なので、恐らくお役に立てません。なので、今回は遠慮しときますー。

部下

上司

いったいいつになったら力になってくれるのかな?

ご容赦ください

「ご容赦ください」とは、相手に許しを乞う表現です。謝罪の意味を込めているので、お願いに対するお断りを前提とした使い方になります。

例文

先輩

もうそろそろ繁忙期も抜けるころだし、ここらで気合入れ直さないとね。ほら、休憩終わり!スマホしまって!
ひぃーっ、家でみれないからせめて今だけはご容赦ください!

後輩

先輩

そういう元気はまだあるのね。

※「ご容赦ください」の使い方はこちらの記事にも詳しく書かれています!↓↓
「ご容赦ください」は目上の人に使える?読み方や意味・メール例文・類語・英語表現を解説!

ご遠慮いたします

「無理」や「できません」を「遠慮」で表現した言葉です。「遠慮」には、「配慮」や「慎み」などの意味が含まれています。お願いに対する否定を「遠慮」で和らげており、相手に不快を与えない断りの言葉としてビジネスシーンでも使われています。

例文

先輩

こっちは手が空いたから、何か手伝えることがあったら手伝うわよ?
それじゃあ今から先方のところまでこの資料届けてきてください。僕はその間にメールの返信をしておきますので。

後輩

先輩

それはご遠慮いたします。

※「ご遠慮ください」の使い方はこちらの記事にも詳しく書かれています!↓↓
「ご遠慮ください」は「禁止」と同じ意味?類語や英語表現・「ご遠慮願います」が使えない理由を解説

「できかねます」は使用禁止!断りは別の言葉で伝えよう

「できかねます」は相手に断りを伝えられる丁寧な言葉ですが、尊敬語として目上の人や上司、クライアントに使える言葉ではありません。

ビジネスシーンにおける「NO」の返事は、丁寧で敬意を示せる別の言葉を選んで、丁重にお断りをしましょう。言葉の知識とともに、正しく使い分けて目上の人とのコミュニケーションを円滑にすすめてくださいね!