コンセントレーションの意味とは?英語や使い方、集中力を高めるためにおすすめの方法を紹介

キャリアガイド_バナー①

コンセントレーションとは「精神集中」のこと!

上司

今回はコンセントレーションについて勉強するよ!
コンセント?えっと、何ですか?あまりに長いカタカナ語は耳から素通りしてしまいます。

新人

上司

コンセントレーション!集中っていう意味だよ。集中して話を聞いて、ちゃんと理解してくれよ!
コンセントレーションは複数の意味をもつカタカナ語です。しかし、ビジネスやプライベートでは「精神集中」という意味で使われることがほとんど。

今回は「精神集中」という意味でのコンセントレーションについて解説します。加えて、ビジネスで使われることもあるちょっと変わった意味についても勉強していきましょう!

コンセントレーションの意味を確認

ビジネスでのコンセントレーションをよりしっかり理解できるように、まずはコンセントレーションという言葉の意味を詳しく確認してみましょう。

英語のコンセントレーション(concentration)はどんな意味?

コンセントレーションは英語表記すると「concentration」。「concentration」には次のような意味があります。

concentration
集中力
・専念
・集結
・集中
「concentration」は「集中」という意味の英単語。大学の専門分野に関する集中研究や、料理を煮詰めることという意味でも使われます。

カタカナ語のコンセントレーションって?

カタカナ語のコンセントレーションは、「集中すること」「専念すること」「集結すること」という意味をもつ言葉。英語の意味と大きく変わりませんね。

精神集中という意味で使われることが多いです。

企業が使うコンセントレーションって?

企業ではコンセントレーションが精神集中とは違う意味で使われることもあります。どのような意味で用いられるのか、覚えておきましょう。

「企業集中」という意味

企業では、企業集中という意味でもコンセントレーションがよく使用されます。企業集中は別々に経営していた2社以上の企業が、何かの理由があってひとつに統合されること。企業結合といわれることもあります。

「コンセントレーションブース」が設けられることも

企業によっては集中して作業するスペースとして「コンセントレーションブース」や、「コンセントレーションルーム」を設けているところもあります。

「コンセントレーションブース」はパーテーションなどで周囲との壁を作った半個室。「コンセントレーションルーム」は一部屋丸々集中作業に使える専用ルームです。

[ビジネス版]コンセントレーションの使い方

コンセントレーションの意味がわかったら、次はビジネスでのコンセントレーションの使い方を例文でイメージしてみましょう。こちらの例文を参考に、実際のビジネス会話でも取り入れてみてくださいね!

コンセントレーションを高める

「コンセントレーションを高める」は「集中を高める」「集中力を高める」という意味です。

例文

新人

僕の嫌いな仕事が回ってきました。ボリューム満点だし、ややこしい内容だし、今日は最悪の日になりそうです。
難解で面倒な仕事のときほどコンセントレーションを高めて作業しないと。嫌々やってると余計にミスしやすくなるわよ!

先輩

コンセントレーションが強い

「コンセントレーションが強い」は「集中の度合いが高い」という意味。逆に集中できていないことは「コンセントレーションが弱い」といいます。

例文

上司

先輩君を知らないかな?さっきから携帯に電話してるんだけど、つながらないんだ。
先輩なら朝から開発室にこもって、新商品の試作品研究してます。たぶん、コンセントレーションが強すぎて電話に気づいてないんですよ。

新人

上司

またかぁ。コンセントレーションが強いのも善し悪しだね。すまないが、ミーティングの時間だから急いで会議室に来るように声をかけてきてくれ。

コンセントレーションを保つ

「コンセントレーションを保つ」とは「集中力をキープする」という意味です。

例文

先輩

ずいぶん眠そうね。大丈夫?
実は昨日の夜、データーに間違いがあるから急いで直しに来てくれって、夜勤の人から呼び出しの電話をもらっちゃいまして…。うちに帰れたのが夜中で、今日はあんまり寝れてないんです。

新人

先輩

それは大変だったわね。午後でますます眠いだろうけど、コンセントレーションを保って頑張ってね。

コンセントレーションを高める4つの方法

ビジネスマンとして仕事を効率よく進めるため、コンセントレーションをいかに高めていくかが重要になりますよね。おすすめの方法があるので試してみてください。

①:瞑想する

瞑想は元サッカー日本代表の長谷部選手や、元メジャーリーガーのイチロー選手、パナソニック創業者の松下幸之助氏、アップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏など、数々の著名人がトレーニングメニューやプライベートに取り入れている方法です。

瞑想のやり方
①静かな場所に楽な姿勢で座る
②目を閉じ、呼吸に意識を集中させる
頭を空っぽにし、極力何も考えないように努める
仕事など、何かをしているときに、無意識に頭の中を別の何かの考えが横切ることはよくありますよね。人間は意識していなくても何かを勝手に思い浮かべてしまいます。この無意識の考え事は集中力を妨げ、パフォーマンスを大きく低下させてしまいます。

無意識の思考は意識的にコントロールするのが難しいのですが、瞑想を繰り返すことで徐々に無意識の思考を抑え込めるようになって、コンセントレーションを高めてくれるといわれています。

②:音楽を聞く

音楽は脳をリラックスさせて、コンセントレーションが強い状態に入りやすくなる効果が期待できます。クラシック音楽が特に高い効果があるといわれています。

ただ、クラシックにこだわらなくても自分がリラックスできる音楽ならば、同様の効果が得られる可能性があります。自分に合う音楽を探してみてください。

③:腹式呼吸をする

腹式呼吸は多くのスポーツ選手が実践している方法です。

やり方
①おへその下、指3本分くらい下がったところに手を当てる
②息を口から全部吐き出す。お腹が引っ込むまでしっかりと!
③引っ込ませたお腹を風船のように大きく膨らませながら、鼻からしっかり息を吸う。
お腹の筋肉を大きく動かす腹式呼吸は、神を落ち着かせて心身をリラックスさせてくれる副交感神経の働きを高める効果があるといわれています。

気持ちが落ち着かず、コンセントレーションが弱まっているときなどに試してみてください。

④:ガムを噛む

しっかり咀嚼することで、脳は活性化されるといわれています。ガムを噛むと脳は刺激され、コンセントレーションを高める効果が期待できます。

シュガーレスのガムでなければ、脳のエネルギーである糖分を補給することも期待できるので、一石二鳥の方法です。

精神集中だけじゃない!コンセントレーションの意味

コンセントレーションは精神集中だけでなく、ちょっと変わった意味で使われることもあります。あわせて学んで社会人としての知識を深めましょう!

「濃度」を意味するコンセントレーション

生物学用語や医学用語でコンセントレーションを使うときには、「濃度」という意味になります。

化粧品業界ではコンセントレーションという名前がつけられた美容液などが販売されています。名前から、「高濃度の有効成分が配合されていますよ!」とアピールしているわけですね。

「粗粒の割合」を意味するコンセントレーション

研磨用語でコンセントレーションが使われるときには、「粗粒の割合」という意味になります。

「粗粒の割合」は研磨剤に配合されている砥粒(とりゅう:研くための粒粒。硬度が高く粉末状の物質)の割合のこと。コンセントレーションが高い研磨剤ほど研磨の質がよくなり、研き上がりもきれいになる傾向があるといわれています。

コンセントレーションを高めて効率よくビジネスを進めよう!

コンセントレーションの意味は「集中」が基本ですが、分野によっていろいろな使い方がされるワードでもあります。

コンセントレーションは「デレステ」や「パワプロ」などのゲームに登場する言葉だったり、ダンベルを使った筋力トレーニングの名前「コンセントレーションカール」として筋トレ好きの間に浸透していたり。趣味の分野だけでなく、ビジネスでもコンセントレーションはよく用いられる単語です。

コンセントレーションの高め方など、この記事で紹介した情報でビジネスを効率的に進めていきましょう!