キャリアの意味とは?覚えておきたい類語や使い方、就職・転職に役立つ情報を紹介

キャリアとは「経歴」や「職歴」のこと!

先輩

今回はキャリアについて勉強するわよ!
キャリアって、携帯とかスマホをどこの会社で契約しているか話ですか?ドコモとKDDIとソフトバンクを3大キャリアって呼ぶんですよね!

新人

先輩

まぁ確かに、携帯会社もキャリアっていうんだけど、今回勉強するのはそっちじゃなくて、「経歴」とか「職歴」っていう意味のキャリアよ!
キャリアはいろいろな意味をもつカタカナ語で、多くの分野で使用されている言葉です。

身近なところだと新人君がいっていた携帯電話の会社がキャリアと呼ばれますし、自転車などにつける荷台や、荷物運搬に用いる台車などもキャリアといいます。

今回は、ビジネスマンに身近な「経歴」や「職歴」という意味で使われるキャリアを取り上げます。詳しく学んでビジネスライフに役立てていきましょう!

キャリアの意味を確認

ビジネスでのキャリアの使い方をより深く理解できるように、まずはキャリアという言葉の意味をしっかり確認しましょう。

英語のキャリア(career)ってどんな意味?

キャリアは英語表記すると「career」。「career」には次のような意味があります。

career
・(一生の生業にする)職業、専門的職業
経歴、職歴
・疾走
日本語でよくいわれる「キャリアを積む」の英語は「build one’s career」になります。しかし、英語には日本的な「キャリアを積む」という考え方がないため、「build one’s career」といっても状況があいまいになり、相手にいいたいことが伝わらないかも。

「experience(経験)」や「practice(訓練する)」など別の単語を使う方が、ストレートに意味が伝わりやすいです。

カタカナ語のキャリアって?

カタカナ語のキャリアは、次のような意味がある言葉です。

キャリア
(一般的な意味)
一生かけて積み上げる職業・技能上の経験
・経歴、職歴

上記のほか、国家公務員1種試験に合格して、中央省庁に就職した幹部候補生を指す言葉でもあります。あるいは、中央省庁が集中する霞が関では幹部候補生のうちの法律、経済または、行政の試験区分で国家公務員1種試験に合格した事務官を意味することもあります。

なお、ビジネスでの意味とは離れますが、病原菌に感染しているけれど、発病はしていない人のこともキャリアと呼びますね。こちらは英語にするとつづり違いの「carrier」になります。

キャリアの類語

キャリアには次のような類語があります。

キャリアの類語
・経歴
・閲歴
・職歴
・履歴
・来歴
・上級職の
・高級の
・パワーエリート
・上級職員の
・支配階級の
・エリートの
・上級の
カタカナ語のキャリアが使いにくいときや、言い換えしたいときに類語を使用してみてください。

[ビジネス版]キャリアの使い方・例文

キャリアの意味がわかったら、次はビジネスでのキャリアの使い方を例文でイメージしてみましょう。

例文1

新人

部長って、以前業界トップの超大手企業で開発部長していたんですね。すごいキャリアなのに、なんでうちみたいな中小企業に転職したんですか?
前の会社はとにかく忙しいところで、月に何日かしか家に帰れなかったんだ。自分の娘に人見知りで泣かれたことがきっかけで、僕は転職を決めたよ。

上司

新人

それは大変ですね。でも、少しもったいない気もします。
中小企業だからこそ、本当にやりたいことにも挑戦しやすいっていう場合もあるよ。少なくとも、僕は転職してキャリア・ダウンしたなんて思っていないよ!

上司

キャリア・ダウンはそれまで務めていた仕事よりもランクが低い仕事に就くこと。逆に、ランクが上の仕事に就くことを目指したり、経歴をアップさせたりすることはキャリア・アップといいます。
例文2

山田

新卒で入社してからうん十年。ずっと現場一本のキャリアで機械動かしてきたのに、なんで今更設計部署に異動なんだ?この年でパソコン仕事なんて無理に決まってるじゃないか!?
山田さんはものすごいキャリア・チェンジですね。私はパソコン仕事してる異動からの移動なので、まだギャップが少ないかもしれません。お互い助け合って頑張りましょう。

佐藤

キャリア・チェンジは、今まで経験してきた職務とは全く異なる内容の職務に就くことです。

一緒に覚えておきたいキャリアの関連語

キャリアにはビジネスマンとして覚えておきたい関連語がいくつもあります。どのような言葉がどんな意味で使われているのか勉強し、周囲に差をつけましょう!

キャリアパス

キャリアパスは目指すキャリアを手にするための道筋のこと。

目標にしているキャリヤやポジションに就くために、どのようなステップを経由していけばいいのか、ステップの順序・筋道を示したものです。

キャリアビジョン

キャリアビジョンはビジネスで皆さんが掲げる最終目標のこと。

たとえば、会社初の女性管理職になる!とか、校長先生になる!とか、起業して社長になり上場する!などです。

キャリアプラン

キャリアプランは前の見出しで紹介したキャリアビジョンを実現するために必要な過程を、段階を踏ませて計画すること。

「この仕事で〇〇の経験を積み、それを次の△△の仕事に役立てる」のように、なるべく具体的な計画を立てるのがポイントです。

キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金は厚生労働省が管轄する助成金。

非正規雇用の労働者のキャリアアップなどに、企業内で取り組んでいる企業が対象になります。非正規雇用労働者の正社員登用や、処遇を改善する取り組みを行っている事業主に助成金が出る制度です。

キャリアセンター

キャリアセンターは大学に設置されていて、大学が運営している就職サポートの専門部署のこと。

企業説明会を開催するなど、学生の就職活動をサポートしてくれます。在学生だけでなく、既卒の方、第二新卒の人の就職もサポートしているので、転職活動にも使えます。

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントは就職や転職など、自身のキャリア開発をしたい人に対して、アドバイスする専門家のこと。2016年4月から国家資格になっています。

本人の希望や適性を考慮した仕事をみつけたり、なりたい職種になるために必要とされる経験や資格などを助言するのが仕事。

キャリアコンサルタントは自分の人生経験やキャリアを仕事に活かし、一生働き続けることができる職種なので、他業界からキャリア・チェンジしてくる人が多いそうです。

キャリアアップに役立つ転職サイト・人材サービス

この見出しではキャリアアップしたい方に役立つ転職サイト・人材サービを紹介します。せっかくなので、今回はキャリアと名のつくサービスを集めてみました!ぜひ活用してみてください。

①:キャリアフォーラム

キャリアフォーラムは豊富な海外経験を持つ、日本語・英語のバイリンガル(一部日本語・中国語含む)の方を対象にしているジョブフェアです。

キャリアフォーラムはボストン、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ロンドン、シドニー、上海、東京、大阪で開催。たくさんのグローバル企業と、海外の大学や大学院に留学している方など、優れたバイリンガルの人財の貴重な出会いの場になっています。

②:キャリアバイト

キャリアバイトは将来のキャリアに活かすことができるアルバイトや長期インターン求人を集めた求人サイトです。身につくスキルから求人を検索することもできます。

インターン開始後に使える機能がたくさん用意されています。動画コンテンツでビジネスマナーを学んだり、就業している企業からフィードバックをもらったり。活用するとインターン生活がより充実したものになりますよ。

③:キャリアクロス

キャリアクロス英語を使った仕事がしたい方や、海外で働きたい方必見の求人サイト。

常時5,000件以上の求人が出ていて、そのうち95%以上が英語求人です。外資やグローバル日系企業の求人多数!

英語履歴書の作成方法や英語面接の音声サンプルなど、外資やグローバル日系企業の就職活動に役立つサポートを得ることができます。

④:キャリアオプション

キャリアオプション紹介や派遣、紹介予定派遣などさまざまな働き方の求人が集められている求人サイトです。

寮つきの仕事や未経験OKの仕事、経験を活かせる仕事、専門スキルを身につけることができる仕事など、さまざまな求人があります。

ビジネスマンは「キャリア」を使いこなせるようになろう!

キャリアはビジネスマンにはなじみの言葉ですよね。

硬い意味で用いられるばかりでなく、ドラマのタイトルに使用されていたり、ブルゾンちえみさんのキャリアウーマンネタで、子どもから大人まで高い認知度を誇っていたり。

日常生活にも浸透したカタカナ語になっているので、会話に積極的に差し込んでいっても無理矢理感はありません。

ビジネスマンなら覚えておきたい関連語もたくさんありますよ。意味や使い方をしっかり理解し、自然に使いこなせるようになりましょう!