医療ワーカーを退会したい!退会前の注意点と手続きの方法を解説

新人

登録してた医療ワーカー、転職決まったんで退会したいんですが、ホームページ見ても方法がわからない…
転職先見つかったんだ、おめでとう!医療ワーカーを退会したいなら、いくつか方法があるよ。

先輩

転職実績件数30,000件以上、リサーチ会社の調査でも高い支持率を誇る医療ワーカー1サービスが不要になったから退会しようと思ったのに手続きがわからない…という方が案外多いようです。

今回は医療ワーカーの退会手続き、退会前の注意点について解説します。

医療ワーカー 本当に退会して大丈夫?

先輩

本当に退会すべきかどうか、手続きする前に検討した方がいいかも。退会はいつでもできるし…

実際の手続きをする前に、医療ワーカーを退会することでデメリットがないかどうか確認しておきましょう。

転職が決まったらすぐに退会すべき?

転職が決まったら医療ワーカーのサービス利用も不要になるので、退会するのが一般的です。しかしながら、転職はミスマッチが起きやすいもの。入職後、安定するまでは登録を残しておいた方がベターかもしれません。

いったん退会手続きをすると、登録情報は抹消されます。再利用するにはイチから会員登録が必要なので、ちょっと面倒です。

とはいえ転職が決まったのに、担当コンサルタントから連絡がくるのは煩わしいという人も多いでしょう。その場合は会員登録は継続し、連絡停止を依頼することが可能です。

担当コンサルタントと合わない

担当コンサルタントと相性が悪い、あるいは自分に合った求人を紹介してくれないので退会したいという方もいるでしょう。その場合は、担当変更を希望してみてはいかがでしょうか。

よい紹介が受けられない

担当を変えることで状況が改善する可能性も。申し入れる価値は充分あります。退会を決めるのは、その後でも遅くありません。

具体的な退会方法は?

新人

転職先、居心地よさそうなんで当分再転職は考えられません!やっぱり医療ワーカーはもう必要ないな…退会手続きはどうすればいいでしょう?

退会したい場合は、以下のいずれかの手順をとります。

担当コンサルタントに申し出

最もシンプルな方法がコチラ。退会したい旨を担当コンサルタントに伝えるだけでOKです。

コンサルタントにとっては、自分が担当する求職者が退会することは、日常茶飯事。通常、スムーズに対応してくれます。

とは言え、日頃からコンサルタントに相談している方は、口頭で退会すると言い出しづらいかもしれません。

メールで伝える文面を参考にしてみてください。

転職先が決まって退会する場合の文面

転職先は決まっていないが、転職活動をやめる場合の文面

Webのフォームから申し出

担当には言いづらい、または連絡を緊密にとっていないという方は、Webの「お問い合わせフォーム」から連絡すれば、手続きを進めてもらえます。

退会だけでなく、担当変更や連絡停止などの要望の申し入れでも利用できます

必要なら退会は簡単にできる!

退会というと、ちょっとネガティブな印象で、言い出しにくいという人もいるかもしれませんが、心配は無用です。医療ワーカーの担当者にとっても、必要のない人にコンタクトを取り続けるのは時間の浪費。「もうサービスを利用しない」とご自身が判断したなら、サクッと手続きしてしまいましょう

参考:おすすめの看護師転職サイト

医療ワーカーは使いにくい、合わないという方は、他の転職支援サービスを利用してみてはいかがでしょうか?以下におすすめをご紹介します。

【マイナビ看護師】業界最大手!迷ったらココ

転職支援サービス最大手のマイナビが運営する看護師向けサイト。規模が大きい分、保有求人数やエリアのカバー率も高く、コンサルタントの質も安定しています。

初めての転職や、きめ細かなサービスを希望する方におすすめ。どの転職サイトがよいか迷ったら、まずは登録しておくことをおすすめします。

【ナースパワー】高い紹介実績が魅力!

看護師専門の転職支援サービスとしては草分け的な存在のナースパワー。常勤から派遣、応援ナースまで、幅広い職種の求人を扱っています。

ナースパワーの特徴は、なんといっても紹介率の高さ。長年の実績から、医療機関と信頼関係を築き、着実に求人に結びつけています。また医療機関が支払う紹介手数料を低水準に抑え、紹介が成立しやすい仕組みを確立しています。

【ジョブメドレー】マイペースで転職活動したいならココ!

医療、介護、保育などの求人情報を専門に扱うジョブメドレー。看護師の転職支援サイトは、コンサルタントによる求人紹介が一般的ですが、ジョブメドレーは掲載されている求人に直接応募したり、医療機関からスカウトを受けることが可能です。

希望すればLINEやメールを利用して、キャリアサポートに相談も可能です。担当者からの連絡が煩わしいという人や、マイペースで転職活動をしたい人におすすめ。逆にしっかりサポートしてほしい人だと、ちょっと物足りないかもしれません。

  1. 参考:医療ワーカー|トップページ