企業は副業についてどう思ってんの?【リクルートエージェント電話面談編⑨】

これだけは譲れない…男の熱い想いが奇跡を起こす…!

今回のポイント

・副業可の企業について

・副業で収入を補填することも

筆者紹介

31歳独身。数年前からタイの不動産会社で働く。リクルートエージェントを利用して都内での転職を目指す電話面談中。副業でライター。

前回のおさらい

未経験で転職した場合の年収について聞く。ついでに年収について、平均年収やもらえる月収が多いか少ないか調べてみた。
リクルートエージェント体験記事一覧へ

リクルートエージェントはコチラ

一連の流れ


今回はSTEP.2の「面談」を行う。

電話面談続き

初めは、現職での経験を活かしつつも、「国際的」という僕の希望を取り入れた現状ベストな提案をしてくれた面談担当Sさん。

自分では気づかなかった僕にぴったりの職業とは!?【リクルートエージェント電話面談編⑥】

その後、未経験の職種への転職を希望する僕に30代以上の転職実績を示してくれた。

30代未経験への転職ってありorなし?【リクルートエージェント電話面談編⑦】

そして、前回は気になる年収についても教えてくれた。

未経験で転職した場合の年収はどのくらい!?【リクルートエージェント電話面談編⑧】

僕の曖昧な転職先に希望するリストをもう一度見てみよう。

・都内

・平均年収以上

・国際的

副業可

現在、「都内」での転職を前提に進めている。「国際的」や「年収」については聞いてきたので、今回は「副業」について聞いてみることにした。

転職先は副業を許可している企業を希望しています!

担当Sさん

はい、最近は副業可の企業も多いので、問題ないですよ

いつもであれば、この手の質問は恐る恐る聞く僕だが、この質問に関しては気兼ねなくすることができた。

その理由はリクルートキャリアの社員であるSさんの年収が1000万円かもしれないということを知り、投げやりになっていたから…ではもちろんない。

年収についての記事はコチラ!

未経験で転職した場合の年収はどのくらい!?【リクルートエージェント電話面談編⑧】

リクルートエージェントとリクルートキャリアの違いについて触れている記事はコチラ!

アドバイザーの秘密!エージェント?キャリア?【リクルートエージェント電話面談編④】

その理由は、かつてリクルート出身の人から事情を聞いたから。その人は社内起業から独立して会社を興したそうな。リクルートは副業はもちろん、在籍しながら起業も推奨しているようだ。(在籍中の年収についても聞いておけばよかった…)

リクルートの社内事業開発プログラム「Recruit Ventures」についてはコチラ!

その話を思い出して、リクルートエージェントが仲介する企業も副業に寛容なところが多いのではないかと考えたわけ。

また、昨今の副業OKの風潮も大きい。2018年は「副業元年」と呼ばれることもある。リクルートキャリアが行ったこのような調査結果も。

2018年9月に行った企業に対する意識調査では3割弱が推進・容認と回答。多いとはいかないまでも、副業を隠れて行っていたような時代からみれば大きな進歩といえよう。

リクルートキャリア『兼業・副業に対する企業の意識調査(2018)』

かくいう僕も副業を行っている。それがこの記事。ライター業を続けながら働ける場所は僕にとってマストだ

続く…

感想

未経験に転職して年収が低かったとしても、副業可能であれば補うことができる。副業可はやはりマストだ(キリッ

次回予告

面談もいよいよ終わりに近づいていく。終わる前に聞きたかった質問をいろいろとアドバイザーSさんに投げかけていく。Sさんの秘密は明らかになるのか!?こうご期待。

次の記事はコチラ!
売り手市場っていわれるけど転職者にとってはどうなの!?【リクルートエージェント電話面談編⑩】