面談不可能!?男が面談できない絶対的理由【リクルートエージェント電話面談編①】

「面談…!?」男には面談できない理由があった…無事、面談にたどり着くことができるのか?

今回のポイント

・いよいよ面談開始?
・電話面談なら海外でも地方でも問題なし!

筆者紹介

31歳独身。数年前からタイの不動産会社で働く。転職サイトの利用は初めて。人見知り。時間をロスしがち。

前回のおさらい

転職を思い立ち、リクルートエージェントに登録。ミスを犯しながらも無事登録完了。思ったよりも簡単に登録できたことに驚く。
リクルートエージェント体験記事一覧へ

リクルートエージェントはコチラ

一連の流れ

今回はSTEP.2の「面談」を行う。

面談までのやりとり

夜の11時(日本時間午前1時)に登録を終え、翌日の早朝5時(日本時間午前7時)には来ていたメール。※☆は個人情報等。

担当はSさん(女性)

リクルートキャリアエントリー担当のSさんからの連絡。一人ひとりに担当の方が付いて転職活動をサポートしてくれるようだ。※リクルートキャリアはリクルートエージェントの運営会社。

マイページについては後日!

マイページというのは自分専用に使えるサイトページのこと。これについては後日詳しく見ていくのでお楽しみに♪

早速、面談の案内が来たが…

続いてのメールではこのように早速、面談の案内が来ていた。ここでちょっと不安が頭をよぎった。国内にいないけど大丈夫だろうか…面談は「対面もしくは電話」とある。対面は物理的に無理なので、必然的に電話面談になるが、海外在住者は想定しているのだろうか。

悩む前に相談しよう!

ここで小一時間悩む。悩んでいても仕方がないので担当のSさんに聞いてみると…まったく問題なく面談してくれるそうだ。うだうだ悩む前に聞いておけばよかった。まあ転職に際して自分の弱点が1つ見つかったと思えばよしとしよう。

海外在住の僕がOKだったのだから、「田舎住みだけど大丈夫かな…」「対面で面談するのはちょっと抵抗がある…」なんて人も全然OK。

海外在住者は下記でチェック

海外の場合、対応していない国もあるので事前に調べておこう。自分が住んでいる国が対応外だったとしても、とりあえず相談してみるといいかも。

忙しい人も面談しやすい

土日や祝日、夜間も対応してくれるので忙しい人にも電話面談はおすすめ。

全国各地に相談拠点

「面談はフェイスtoフェイスじゃなきゃヤダっ」という人はオフィスに足を運んで面談しよう。東京をはじめ全国各地に相談拠点があるので、居住地近くの拠点をチェック!

拠点について詳しくはコチラ!

面談日程調整

面談日時の調整は以下のように第3希望まで出して行う。

本業が忙しい時期であったが、いくつか希望日時を出せるので、調整しやすくて助かった。そして、第一希望日時に電話面談してもらえることに。前日には面談日を知らせる確認メールも送られてくるので、万が一忘れていても安心

面談開始!

担当Sさん

初めまして!リクルートエージェント面談担当のSです!
よ、よろしくお願いします~

次回に続く…

感想

海外在住でも、こんなにスムーズに面談までいけるとは思わなかった。今回僕は自分が海外在住であることに悩み、不安になったが、初めから相談すればよかったと思う。アドバイザーは転職のエキスパート。どんなことでもまずは相談してみよう。

次回予告

いよいよ、面談開始。面談担当のSさんとどのような話をしたのか!?人見知りの僕は緊張してあがることはなかったか?こうご期待!

次の記事はコチラ!
面談するのにアレが必要なの!?【リクルートエージェント電話面談編②】