【パソナキャリアの体験談】デメリットも公開!登録してわかった真実とは?

パソナキャリアの体験談を丸ごと公開!

後輩

パソナキャリアって大手だけど、アドバイザーの人柄やサービスの質ってどうなんだろ…
あっ、また転職で悩んでる!無料なんだから実際に使ってみて判断すれば?

先輩

後輩

確かにそうですね!まず登録してみて体験してみます!

パソナキャリアは幅広い業種を取り扱っている大手総合転職エージェントです。公式サイトをみてみると、やはりいい口コミが多く、評価が高いのですが、本当のところどうなのでしょう

サービスの質やアドバイザーの対応は使ってみた人にしかわからないこともあるため、今回は転職によって年収アップを目指す筆者が実際に登録して使ってみた体験を丸ごとお伝えします。

まず始めにパソナキャリアに対するざっくりとした感想をお伝えすると、すばらしいと感じるところもある反面、残念に感じる部分もありました。転職エージェント選びで悩んでいる人は筆者の体験を通して、パソナキャリアが利用価値のある転職エージェントなのか検討してみてください。

パソナキャリアの評判や特徴が知りたい人はこちらもチェックしてください!
パソナキャリアの評判とは?特徴やメリット・デメリットを総まとめ

パソナキャリアの登録方法

パソナキャリア

パソナキャリアを利用するには、登録が必要です。登録はどこの転職エージェントでも求められるため、転職相談や求人紹介を利用したい人はまずここを乗り越える必要があります。やる前は面倒だと感じる人も多いかと思いますが、いざやってみると意外と短時間で登録できてしまいます。

下のボタンから公式サイトのトップページを開くことができます。

登録方法の流れ

パソナキャリア

こちらはスマホ版のパソナキャリア公式サイトのトップページになります。求人数40,000件以上との文字が目に飛び込んできます。注目の企業には名の知れたあの大企業も。

パソナキャリア

公式サイトのなかにある「転職サポートに登録」をクリックすると先に進めます。パソコン版でも登録ボタンは目立つところに配置されているためすぐにみつけられると思います。

基本情報などを記入して登録!

「転職サポートに登録」をクリックすると基本情報の記入ページに切り替わります。

パソナキャリア

最終学歴や経験業種などの経歴を詳しく記入することで、自分の希望に近い職種や企業を提案してもらえます

パソナキャリア

記入は10~15分程度で終えることができると思います。すでに履歴書や職務経歴書を作成している人はアップロードだけで済ませることもできるため、さらに時短が可能です。

記入ができたら、サービス利用規約に同意して、登録ボタンを押して完了となります。

パソナキャリア

いかがでしたか?意外と簡単に終えることができますよね。登録後には「登録完了」のメールがパソナキャリアから送られてきます。

パソナキャリアの利用の流れ

パソナキャリア

登録するとパソナキャリアの転職サポートがスタートします。利用の流れはざっと以下のようになります。

STEP.1
登録
無料の転職サポートがスタート
STEP.2
キャリアカウンセリング
対面もしくは電話でカウンセリングを実施
STEP.3
転職情報の提供
転職者の要望に合った企業をご紹介
STEP.4
企業への推薦
気になる企業を伝えることでアドバイザーが推薦してくれます
STEP.5
面接・内定・入社
企業との面接日程の調整や年収交渉の依頼、内定をもらえた際は退職に関するアドバイスも受けられます
STEP.6
入社後のサポート
転職後に悩みが出てきた場合もサポートしてもらえます

転職サポートがスタートしてから入社後のサポートまで、相談やアドバイスなどすべて無料で利用することができます。転職エージェントへの相談が有料だと思っていた人は、安心して使ってください。ここからは、転職サポートを体験したなかで特に重要だと思ったことに的を絞って解説していきます。

マイページの作成は必須

無料の転職サポートのスタートは「マイページ」を作ることから始まります。登録後すぐに転職支援サービスを開始するために「マイページ」の開設を求める以下のメールが届きます。

パソナキャリア

マイページの開設方法はパソナキャリアから送られてくる「マイページID」とこちらで設定するパスワードを入力するだけと簡単です。

マイページを作成すると「条件登録・書類のアップロード」が求められます。この「条件登録・書類のアップロード」は担当のキャリアアドバイザーに通知されるようになっています。

条件登録は選択式と記述式で構成されており、これを作成することで、どんな転職がしたいのか、自分が何を求めているのかを担当のキャリアアドバイザーに伝えることで情報共有が可能となります。キャリアアドバイザーとしても転職者の進捗状況がわかるため、よりきめ細かな対応ができる仕組みになっています。

パソナキャリア

マイページ内の「ご希望の相談内容」の項目は、転職の意向やご要望、紹介してほしい求人のタイプなどを事前に入力しておくと、のちほどお話しするキャリアカウンセリングがスムーズに進められます

キャリアカウンセリングで担当者と面談

転職サポートの第一段階はさきほどのマイページの作成と、これからお話しするキャリアカウンセリングが重要となります。

キャリアカウンセリングは担当となるキャリアアドバイザーと対面や電話で面談し、転職の悩みや現在の状況、求人の条件などを直接伝えられる機会です。

このキャリアアウンセリングを受けることで、キャリアアドバイザーが求職者をサポートし、こちらの要望にそった転職先を提案してくれます。

パソナキャリアに登録すると以下のような面談日程の調整をうながすメールが届きます。

パソナキャリア

面談方法は直接来社する方法以外に、行く時間のとれない忙しい人に向けて電話での面談も設けられているため、親切です。

キャリアカウンセリングの時間や内容は?

面談の時間は来社の場合は60分~90分程度。電話での面談の場合は30分~40分程度です。ちなみに筆者は電話での面談を希望しました。時間は16:30に指定したのですが、ぴったりその時間に電話が鳴りました。女性のキャリアアドバイザーSさんが担当で、面談時間は40分で終了。

キャリアカウンセリングでは担当のキャリアアドバイザーが転職の動機を確認し、どんな希望や条件(休日や給与、やりがいなど)を優先したいのかなど、転職先を探すうえで必要となる情報をヒアリングする形で進められます

【筆者の体験談】キャリアカウンセリングでのやりとりを公開

筆者はマイページ内にある「ご希望の相談内容」を事前に記入してキャリアカウンセリングの日を迎えました。経歴やどんな理由でパソナキャリアに登録したのか、今回のカウンセリングでなにを相談したいのかなど、細かな点はマイページでキャリアアドバイザーに情報共有しているため、とてもスムーズな流れで話が進んでいきました。

仮にマイページにあまり情報を入力しないままカウンセリングを受けると、その場で根掘り葉掘り聞かれることになるので、自分のことを話すのが苦手だなと感じる人は事前に入力しておいたほうがいいでしょう。

キャリアアドバイザーから簡単な自己紹介を受けたあと、いよいよ面談がスタートです。

アドバイザー

それでは、ご希望の相談内容にそってお話を進めさせていただきます。まずは現在の状況や転職したい理由を簡単にお聞かせください。
現在は〇〇に勤務しており~~~、□□の理由で転職を考えています。

筆者

筆者は転職を決意しているわけではなく、「まず相談をしたい」とのスタンスでパソナキャリアに登録。キャリアアドバイザーもそれをわかってくれているため、質疑応答のあと、希望条件に合う求人をその場でいくつか提示してくれましたが、転職をゴリ押しするのではなく、あくまで情報の提供といった軽い感じ。

アドバイザー

ご状況などよくわかりました。ではご希望の条件でいくつか候補を探してみます。
よろしくお願いいたします。

筆者

筆者はそのほかにも、キャリアチェンジではなく「キャリアをいかした転職がしたい」と希望。これに関しては、同業種では希望する給与に見合う求人がなかなか出てこないことを率直に話してくれました。求職者に対して、ないものはないと包み隠さず話してくれる点は好感が持てました。

アドバイザー

現在、弊社で取り扱う案件のなかには〇〇様(筆者)のご希望条件にあう手取り額の求人はございません。誠に申し訳ございません。
そうですか…。残念ですね。

筆者

キャリアアドバイザーのSさんは、同業種でいい条件の求人がないことを確認したうえで、筆者のもっているスキル(語学など)をいかすことで未経験の業種にチャレンジすることも代案として提示してくれました。

アドバイザー

〇〇様(筆者)は語学スキルやマーケティングのスキルがあるため、キャリアや給与アップを目指すのであれば、ほかの業種にチャレンジしてもよさそうです。〇〇様(筆者)がよろしければお探しいたします!
そうなんですね!ほかの業種の求人もぜひ教えてほしいです。

筆者

電話での面談をおこなって感じたのは、筆者の希望を話のなかで的確にとらえ、アドバイスをくれたことがとても印象に残りました。また、業界に関する質問などに関しても、しっかり答えてくれるため、キャリアアドバイザーは頼りになる存在だと率直に感じました

カウンセリングの後は転職先の情報提供が本格的にスタート!

キャリアカウンセリング以降は、担当のキャリアアドバイザーからマイページ内に求人情報が提供されます。筆者の場合、カウンセリングの翌日には18件の求人が届いていました

パソナキャリア

さっそく来た求人をみてみると、同業種でも給与の高い案件のほか、未経験でも筆者のスキルに合いそうな案件もいくつか提供がありました。残念に感じたのは、東京で転職を考えていると事前に伝えていたにもかかわらず、大阪や愛知の求人もいくつか入っていたこと。

対応の丁寧さやスピードは大手転職エージェントの名に恥じないものであると感じましたが、この点に関しては改善してほしいなと思いました。

パソナキャリアをめいっぱい活用するには?

パソナキャリア

パソナキャリアに登録後、サービスをめいっぱい活用するには、マイページの入力やキャリアカウンセリング(面談)を受ける必要があります。

それに加えて、履歴書や職務経歴書を作成することで、より希望にそった求人の提案を受けることができます。履歴書や職務経歴書の作成はキャリアカウンセリング前にも要求されますが、アドバイザーとの面談の際には必ず必要というワケではありません

しかし、お気に入りの企業が見つかった際には、いずれにせよ提出しなければならないため、転職を本気で考えている人は早めに提出しておいたほうがいいでしょう。

職務経歴書はサイト内にサンプルが用意されていますが、不安がある人は、添削サービスを利用してみるのも手です。採用担当者の目にとまりやすい書類をしっかり作りこむことができます。

パソナキャリアを利用してわかったこと

パソナキャリア

対応も丁寧でスピーディーなところはさずが大手転職エージェントだなと感じるところが多くありました。

ただ心配事として、パソナキャリアには40,000件以上の求人があるといわれています。その中から希望に合う企業を探すのはなかなか困難だと今回利用してみて身にしみました

また、非公開求人の情報もあるため、いい転職を勝ち取りたいなら、キャリアアドバイザーと二人三脚で進んでいくことが大事であることを実感。

自分のことをよく知ってもらうためにも登録後には履歴書や職務経歴書、マイページの作成を行うことで、キャリアアドバイザーとの関係を構築すれば、しっかりとあなたの転職をサポートしてくれるでしょう。

パソナキャリアは相談しながら転職したい人に向いている

パソナキャリア

パソナキャリアは口コミ評価の高い転職エージェントと聞いていましたが、その評判は間違いではありませんでした。

パソナキャリアがおすすめの人
・本気で転職したい人や、まずは相談したい人
・転職活動をしっかりサポートしてほしい人
・キャリアアドバイザーと二人三脚でいい転職を実現したい人

パソナキャリアなら転職を決意している人やいい案件があれば転職したい人、筆者のようにまずは相談から…という人にも親切に対応してくれます。

転職エージェントのなかには、売上のために転職を急がせる質の悪い会社もあるようですが、パソナキャリアの場合は、こちらの対応が遅くてもキャリアアドバイザーが急かすようなこともありませんでした。本気で転職を考える人はもちろん、とりあえず登録だけして、どんな求人があるのかを確かめたい人にもピッタリです。

転職をお考えの人はまずパソナキャリアに登録するところから始めてみてはいかがでしょうか?