新しくなった求人ページが便利!社員インタビューや男女比、年齢比率【doda(デューダ)で転職活動⑤】

今回のポイント

・職場の雰囲気や詳しい待遇までわかる求人詳細

・市町村や区、最寄り駅単位まで可能な求人検索

前回のおさらい

doda(デューダ)で求人を検索。勤務地や年収などの基本的な条件から、休日や転勤の有無、未経験可などこだわりの条件でも検索可能。キーワードのチョイスや絞り方など求人検索にはコツがいることを思い知る。

前回の記事はコチラ
求人を検索!希望条件を入力して検索すると…【doda(デューダ)で転職活動④】

筆者紹介

31歳タイの不動産会社勤務。ひょんなことから都内での転職を思い立ち、転職サイトを利用して転職活動を始める。過去にはリクルートエージェントを利用。今回はdoda(デューダ)で転職にチャレンジ!

doda(デューダ)のサイトはコチラ

doda(デューダ)の転職体験記事一覧はコチラ

求人数の多さに悩む

前回、求人を検索したわけだが、「東京都×350万円以上」の求人は2万件以上。その後、様々な条件を追加して1000件以下まで減らすことはできた。しかし、それでも1つ1つ見ていくには多い。

ネットの口コミでも転職サイトの求人は多いのはいいが、多すぎて選べないという声がちらほら見られた。doda(デューダ)だけではなく全般にいえることだが、メリットでもあり、デメリットでもあるのが求人数の多さ

余談だが…

何かを選択して決断するというのは大きなストレスになるらしい。アップル創業者の故スティーブ・ジョブズやフェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグなど成功者の中には毎日同じ服を着ている人がいる。経済界の人だけではなく、大統領や発明家にも多い。

服を選ぶという、彼らにとっては些細な決断を減らすことで、大事な決断をする際の妨げにならないようにしているそうだ。

とはいえ…

仕事を探すことは些細な決断だろうか、否、重大な決断である。服のコーディネートを失敗したとしても、その日を終えれば問題ないが、仕事のチョイスを誤れば数年、十数年は頭を抱えることになる。

ストレスに感じたとしても選択して決断しなければならない。とりあえずデューダ子を見て、ストレスを緩和しよう…

「転職うまくいくかなー」CMでつぶやく女性の心境とシンクロ。デューダ子「うまくいった人の話見てみます?」ほっほー。いつもはデューダ子(深キョン)に見とれて内容は頭に入ってこなかったが、doda(デューダ)では転職者の口コミも見れるらしい。

職場の雰囲気や待遇など

職場の雰囲気や実際の待遇などは、働くうえでかなり大事なこと。しかしながら、求人にある情報だけではリアル感を知ることはできない。デューダ子のいうように、口コミはかなり参考になるはず

職場の雰囲気が分からない…忍者

トップページ右にこんなちょうどいい忍者。忍者によると、求人ページがリニューアルされたそうだ。

職場の雰囲気や社員の様子がわかるレポートや顔写真付きのコメントなどが見れるように。また、男女比、年齢構成、定着率なども表示されるように。これらの情報を参考にすればより良い企業が見つけられるはず。

もう1点

ちなみにもう1点、勤務地をより詳細に探せるようになったのも変更ポイント。確かに、都道府県だけではなく、市町村や区単位で細かく検索できたのは便利に感じた。さらに路線や駅でも検索できるようだ。以前にdoda(デューダ)を利用して不発だった人も、これを機にもう一度利用してみるのもあり。

 

今更だが、doda(デューダ)のサイトはこんな感じでイラストや漫画が多用されているので、サイト内を巡回しているだけでも楽しめる。求人探しに行き詰っている人も豊富なコンテンツやイラストで息抜きできる…今の僕のように。

実際に…

求人ページで企業詳細をチェック。社員のインタビューやレポートなども参考になるが、男女比や年齢比率、チームの人数などがわかると、職場環境をよりイメージしやすくなる。賞与や昇給回数、役職ごとの年収例もかなり詳細。

ただし、企業によっては、詳細が一部だったり、まったくなくて普通の求人ページだったりする。求人ページが新しくなったのは最近のようなので、徐々にということだろう。

結論。

惹きつけるCM、スタイリッシュで飽きさせないサイト構成など、doda(デューダ)が若い世代に支持されているのも納得。さらに新しくなった求人情報や検索により、理想通りの求人も見つけやすく、全年代におすすめ。

今回は僕が海外の対象地域外に住んでいるので利用できなかったが、これにエージェントサービスが加われば最強なんじゃないかと思う。僕の転職活動はもう少し続くが、最後にデューダ子を見て終わることにする。

次の記事はコチラ
doda(デューダ)サイトの印象から登録、コンテンツ利用、求人検索まで一部始終【doda(デューダ)で転職活動まとめ】

doda(デューダ)のサイトはコチラ

doda(デューダ)の転職体験記事一覧はコチラ