人見知りの僕がアドバイザーに心を開いた理由【リクルートエージェント電話面談編③】

電話を手に男のドキドキは最高潮に達する…電話相手はまさかの…!?

今回のポイント

・面談前にある程度、志望動機や希望する条件などを出しておくとスムーズに進むかも

・アドバイザーの方はとっても親身に話を聞いてくれる

筆者紹介

31歳独身。数年前からタイの不動産会社で働く。転職サイトの利用は初めて。人見知り。KYぎみ(空気読めない)。

前回のおさらい

リクルートエージェントの面談に先立ち、アンケートを提出。電話面談の開始時間を勘違いしていたが、何とか無事スタート
リクルートエージェント体験記事一覧へ

リクルートエージェントはコチラ

一連の流れ

今回はSTEP.2の「面談」を行う。

ようやく面談スタート!

担当Sさん

初めまして!リクルートエージェント面談担当のSです!
よ、よろしくお願いします~

面談の続きを見る前に…

転職を希望した理由

なぜ転職を希望したのか改めて確認しておく。海外(タイの不動産会社)で働いている僕は日本食(銀座の寿司)が恋しくなり、都内での転職を思い立った。きっかけは不純だったかもしれないが、将来の不安や、過去に転職を切望していた頃のことを思い出し、まじめに転職活動と向き合っていく。

詳しくはコチラをチェック!

リクルートエージェントで転職挑戦!30代ミスりまくり男が都内での転職を目指す【サイト登録編】

転職先に希望すること

・都内

・平均年収以上

・国際的

・副業可

これらは、転職を考えたときに頭にあったこと。全然具体的ではないが、アドバイザーの方との面談ではっきりしていけばと考えている(大丈夫かな…)。

本当に面談スタート!

心の準備はできていないけれど…

開始時間(13時)を間違えるも、ギリギリでそれに気づき、何とか12時54分に準備を整える。出先のカフェで電話を受けることに…

詳しくは前回の記事を読もう!

面談するのにアレが必要なの!?【リクルートエージェント電話面談編②】

そして…

13時3分、スマホに着信…!日本の国番号「+81」と「東京」の表示。見知らぬ番号だが、間違いなくリクルートエージェントだとわかる。ドキドキ。

ドキドキしているのは、僕が人見知りだからなのか、心の準備ができていないからか、転職への不安からなのかはわからないが、待たせるわけにはいかない。

担当Sさん

初めまして!リクルートエージェント面談担当のSです!
よ、よろしくお願いします~

電話に出て最初に感じたことは、「なんて優しい口調の人だろう」。ガンガン進めていく人だったら、ついていけないかもと思っていた不安はすぐに払拭された。

担当Sさん

現在はタイの会社にお勤めされているということですが…
はい!現在はタイの不動産会社に勤めていまして~。○○という業務を担当しており…△△や□□というような感じですね。それで…また~○○で、□□ということもあり…

気が付くと、僕は現在の仕事について必要ないことまで話していた。僕の天性のKY(くうきよめない)さが発揮されたのか、それとも担当Sさんの保育士さんのような優しい雰囲気、口調のせいなのか、すっかり調子に乗って話してしまった。

転職相談のはずが、カウンセリングを受けているかのように…ベラベラと無駄話をする僕の話にもSさんはちょうどいい相槌を打ってくれる。

ともあれ、緊張はなくなったのでいよいよ本題に入っていく!

感想

やっと始まった電話面談。面談の前はいろいろと不安に思うこともあるだろうけれど、アドバイザーの方はあなたの味方。心を開いて相談しよう

次回予告

電話面談はいよいよ本題へ。優しい口調の担当Sさんと緊張の解けた僕はどんな話を展開していくのか?こうご期待!

次の記事はコチラ!
アドバイザーの秘密!エージェント?キャリア?【リクルートエージェント電話面談編④】